忍者ブログ

歯科医士の方、教えてください。

BMW ICOM Rheingold on ENET E-sys cable

BMWのメカニックはBWM ICOM A2 + B+ C WIFI診断エミュレータの代わりにICOMラインゴールドISTA-D ISTA-P診断&プログラミングソフトウェアを他のコーディングカーブルで成功的にセットアップしました。ここでラインゴールドでBMW ENET(OBDイーサネット)ケーブルをロードされた例があります。
BMW ENET (Ethernet to OBD) cable for F-series coding:
BMW ICOMラインゴールドISTA-D ISTA-PソフトウェアHDD
注意: E-sysソフトうぇあつきのENET ケーブルはFシリーズコーディングしか対応できなく、もしBMW ICOMラインゴールドソフトウェアでロードされるなら、それはすべてのBMWシャーシを行います。 BMW ICOMソフトウェアというと、より安定的な2015.1VラインゴールドISTA-D3.47 ISTA-P54.3ソフトウェアHDDをお勧めします。
Configuring ICOM Rheingold on ENET cable:
ENET ケーブルでのICOMラインゴールドの配置
この配置は仮想マシンで行います。
1.ネットワークアダプターの連接の属性を開け、これから、属性の「Internet Protocol Version 4 (TCP/IPv4)」を選んで、“IP address”に169.254.1.1、“Subnet mask”に255.255.0.0に入力します。
2. もしVMware がインとトールされた場合、仮想ネットワークでディタを開け、またホストからSubnet address 169.254.0.0に関わるアダプターを切断してくだい。
3. ENETケーブルをラップトップと接続し、そっち側をOBDソケットにで車輌と接続します。イグニッションをオンにし、またエンジンをオフにしてください。
4. 開始メニューでBMW ICOMラインゴールドISTA-D ISTA-Pソフトウェアショートカットを起動し、それが再起動する時、トッププログラムのイコン「Settings」を押します。
5.「VCI Config」 (VCI Configuration) タブを選択し、「HO-ICOM/ENET local and ISIS network」を選んで、「OK」を押します。
6.メニューの「Operations」、「Read Out Vehicle Data」と「Complete Identification」に来て
7.リストからENET 接続を選び、「Set up connection」ボタンを押します。ソフトウェアが自動的に車両を検査し、識別します。
8.勿論セットアップの接続する時、「VCI Config」タブの「HO-ICOM/ENET direct connection」、「IP-Address」フィールドの「ENET」モードを選ばれます。
9. 配置が終わり、この時、ラインゴールドソフトウェアを起動してみてください。

ベンツ obd2
日産リーフにて使用可能なOBD2アダプターを探して
PR

コメント

プロフィール

HN:
higuchimayumi
性別:
非公開

カテゴリー

P R