忍者ブログ

歯科医士の方、教えてください。

歯科ハンドピースについては、よく知っていますか

ハンドピースといえば行内の誰でもよくご存じると思います。ハンドピーは歯科治療には欠かせない大事歯科器具販売の一つといっても過言ではありません。ハンドピース、またの名はタービン、多く分けておくと高速ハンドピースと低速ハンドピースと二種があります。そして高速ハンドピースは一般的に研磨や模型などに用いられますが、高速ハンドピースは回転速度が低いため、よく口腔内の治療に用いられます。そして低速ハンドピースのほうはコントラとアングルがあります。
 
 今日は、ハンドピース 歯科 滅菌についていくつかの注意点についてお話します。
 
 1.注油
 ハンドピースにとっては、注油がとても大事なメンテナンス手順とされます。一般的には、ハンドピースを消毒前に注油することがお勧めします。4ホールのハンドピースの場合は、二番目の大きいホールに注油してください。そして2~3滴で結構ですので、それ以上はおすすめしません。
 
 2.円滑剤
 間違いないでね、円滑剤は注油のオイルとは全く違うものです。オイルはベアリングを円滑するもので、円滑剤はベアリングの掃除用ものです。毎度の治療後、ハンドピースの中にはいろいろ屑のようなものが残していて、それらの屑を全部除去するには、円滑が必要です。円滑剤はまた歯科専用洗剤とも広く知られていますが、オイルと似ています。
 
 3.駄目なバーを使用しない
 駄目のバーはハンドピースにとっては最大な危険だと思います。バーが不適当出ある場合は、チャックのことに大変損になります。国際標準のバーの外径1.59mm~1.60mmです。バーのことが一旦摩損しますと、すぐ交換する必要があります。
 
 皆も知っていると思いますが、ハンドピースが稼働していない場合は、できるだけ購入時に付属したバーを入れてください。もし仕事中ハンドピースが力入れなくなった場合は、歯科用切削バーのことを考えて交換することも考えてください。
 
PR

コメント

プロフィール

HN:
higuchimayumi
性別:
非公開

カテゴリー

P R